中古一戸建ての住宅探しと不動産選び

住宅に関するアンケート調査によりますと叶うならばマンションより一戸建てを希望する人が8割を占めるといいます。一戸建ての中でも新築のほうがもちろんイイに決まってますが中古物件にもメリットはあるようです。中古物件はいうまでもなく新築と同じ広さでしたら手頃な価格で購入することができます。そして同じ価格でしたら新築よりずっと広い物件に住むことができるのです。そう、中古物件の最大の武器は「広さ」なのです。新築には最新技術を投資している分「広さ」は期待できないところがありますが広々とした空間を手に入れることができる中古物件は条件さえあえば目玉物件といえます。
生活していくうえで住宅は欠かせないものです。その住宅を選ぶ際には、不動産屋さんが必要になってきます。不動産屋さんには、賃貸を売りにしているところ、新築物件ばかり扱っているところ、注文住宅を主に取り扱っているところと様々です。大学を卒業して、新生活を始めるきっかけで一人暮らしをする人も多いと思います。その際の住宅選びで不動産屋さんを利用します。沢山の物件があり、間取り、設備、周囲環境、駅までの距離、築年数などによって家賃も変わってくるでしょう。収入に余裕がある場合を除いては、自分の中での必要な優先順位を決めた方がスムーズに決めやすいでしょう。また、新築などの一戸建てや建て売り住宅、注文住宅を建てる場合の不動産えらびとしては、その不動産が持つ展示場や、モデルハウスの見学や説明会に参加して、自分との相性や好みを見つけて行くといいと思います。展示場を持つハウスメーカーは、全国展開をしている場合が多く、CMや広告で大規模な宣伝をしています。誰もが知っている有名店という安心感やブランドがあります。しかし、その宣伝料は少なからず、購入者の支払いに加算されているものだと思います。
中古マンションというのはたくさん出回っていますが、中古一戸建てというのはあまり耳に入ってこないように思います。やはりマンションに比べると売りにくいものなのでしょうか。マンションですと管理会社が管理をしてくれますが、一戸建ての場合は持ち主がやらなければそのままということも多いのでしょう。もちろん不動産屋が管理はするのでしょうが、マンションに比べると格段に管理に関わる時間が少ないことも原因の一つかもしれません。

195

意外な中古一戸建て住宅選びのポイントとは

近年中古一戸建て住宅の人気が出てきています。その理由は、ローンが組みやすくなったことや築34年程度の住宅なら耐震性などの基準をクリアしていることなどが挙げられます。中古一戸建て住宅を選択肢の一つと考える場合にはできるだけ失敗をしないようにしたいところです。そのために気を付けることは何でしょうか。 その一つに挙げられるのは住宅に瑕疵がないかどうかです。中古一戸建て住宅といっても様々な住宅があります。例えば、築10年以内の比較的新しい住宅もあれば、築30年以上が経過したような住宅もあります。その中でも建物が傾いているとか耐震性に問題があるとかの瑕疵がある建物もあります。購入してから瑕疵保険に加入する不動産会社もありますが、瑕疵保険に入っていない不動産会社もありますので、事前に瑕疵があるかについての検査をしておいた方がいいでしょう。そのためには専門機関にお願いをして検査してもらい、住宅性能評価書を出してもらいます。費用は5万円ほどになりますが、住まい給付金を申請する時にも必要になりますので住宅性能評価書は出しておいた方がいいでしょう。 それ以外にも土地の地盤がしっかりしているかを調べておくべきです。特に近年は大きな地震が多発していますので、備えは必要になります。

Copyright ©All rights reserved.中古一戸建ての住宅探しと不動産選び.